<美容関連情報>貴方が望む形を作ることの出来るあごの整形

<美容関連情報>貴方が望む形を作ることの出来るあごの整形

小顔にすることに顔の輪郭が非常に大きく影響を与えています。
この顎の美容整形の歴史は古く、今では一般的に行われていますが1970年代から日本では行われています。

 

身体への負担が少し前まで手術設備も十分ではないために、大きな問題となっており手術の際に行うことになる全身麻酔がその原因です。
今では多くの方が自分の理想を叶えており、ほとんど傷跡を残すこと無く顎の美容整形が可能になってきています。

 

最近では骨きりの技術も飛躍的に向上し、あごの整形手術の際には安全性も非常に高くなってきました。
個々が望むあごの形やバランスをその結果、実現させることが出来るようになったのです。



<美容関連情報>貴方が望む形を作ることの出来るあごの整形ブログ:10-8-2017

わたくしが生まれて初めて経験したお葬式は、
ママのお葬式でした。

ママは病院で亡くなりました。
ベッドの横に立つお父さんとお姉さん達の後ろに
わたくしはぽつんと立っていました。

下のお姉さんが急に大きな声で泣き出したとき、
「あっ、お母さん死んじゃったんだ」と思いました。

わたくしはママが入院中、
お父さんと一緒に何度もお見舞いに行きました。
でも、なかなか病室に入ろうとしませんでした。

わたくしはいつも廊下の隅や、
非常階段のおどり場で遊んでいました。
病院のベッドに寝ているママを見るのが
とても恐かったからです。

ある日、わたくしはお父さんに呼ばれ、病室に入っていきました。
ママは「リンゴむいてあげようか?」と言いました。

わたくしが覚えているママの最後の言葉です。
わたくしは「いらない」と言って、
また病室を出て行ってしまいました。

わたくしは病院の中を探検しながら、
「大きなお部屋にはたくさんの人がいるのに、
どうしてお母さんは小さいお部屋に一人でいるのかなあ、寂しくないのかなあ」
と思っていました。

今思えば、きっとママは、
淋しかったのだと思います。
わたくしが最後までなつかなかったことが…

8月ももうすぐ終わり、
新学期が始まるというのに、
わたくしはまだ夏休みの宿題も終わっていません。

それなのに、
黒い服を着た人たちが出たり入ったりと、
家の中はごった返しています。

わたくしの居場所がないのには困っていました。
テレビを見ることもできず、部屋の隅で
ちょこんと一人で遊んでいるしかありませんでした。

「かわいそうに、まだ小さいから、お母さんの死がわからないのねぇ…」
という大人達の話し声が聞こえてきました。

わたくしは「わかるよ、そんなこと」と
心の中で呟いていました。

ホーム サイトマップ